黎明ノ王 (外部サイトで読む

たれたれを

 今を遡る千年前に、悪魔に導かれた一人の青年がいた。
 彼は誘われるままに人の社会か ら姿を消し、悪魔と共に女児の赤子を生む。しかし運命は幼子を彼の元より引き離すのだった。
 ――それから数年。発動される異端裁定。 その最中にて、彼は少女と再会する。彼女は死神として、彼ら異端を狩る存在として、その場にあった……。  
 『悠遠ノ絲』より約千年前、フォルセスカの生きた百年の物語が、今始まる――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    フォルセスカ
    異端裁定
    悠遠ノ絲
    悪魔
    幼子
    黎明ノ王
    赤子
    死神
    女児
    青年
    最中
    運命
    少女
    彼ら
    物語
    社会
    存在
    彼女
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち