木の棒勇者――ただの木の棒が最強の武器でした (外部サイトで読む

そらのすらいむ

勇敢に魔王を倒し、勇者となった男がいた。

そんな彼に憧れを持つ勇者の子孫の主人公がたまたま手にした木の棒――それは全属性の加護を受けた最強の武器であった。

それで町周辺の魔物を倒し、人助けをしていた主人公が魔王軍幹部を名乗る魔物を倒したことで一変、国王様に勇者として魔王を倒してくれと頼まれる

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    勇者
    魔物
    魔王軍幹部
    主人公
    人助け
    武器
    最強
    加護
    棒勇者
    一変
    子孫
    全属性
    国王様
    町周辺
    憧れ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち