リビング・デッド、リビング・リビング・リビング (外部サイトで読む

青葉台旭

ある春の夕方、N市第三小学校六年でサッカー部エースの速芝隼人少年が家に帰ると、製薬会社に勤務して単身赴任していた父親が何故か突然家に帰っていた。
ソファーに座ってウィスキーを浴びるように飲みながら隼人少年の父親は言った。
「もうすぐ世界は地獄になる」
そのころN市のあらゆる場所で人間が人間に噛みつくという不思議な事件が同時多発的に起きていた。
テレビもラジオも携帯電話も使えない世界で、隼人少年たちは安住の地を求めて旅に出る。

いわゆるゾンビ(リビング・デッド)ものです。グロテスクな描写が含まれます。ご注意ください。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    隼人少年
    リビング・デッド
    サッカー部エース
    ウィスキー
    速芝隼人少年
    父親
    ソファー
    リビング・リビング・リビング
    安住
    隼人少年たち
    ゾンビ
    製薬会社
    人間
    描写
    世界
    N市第三小学校六年
    ころN市
    ラジオ
    地獄
    同時

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち