『宇良の亀』(『浦島太郎』) / 木江恭 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

宇良(うら)は酷暑の中、姿を消してしまった亀を探していた。声を掛けてきた怪しげな老人に連れられて行った先は雑居ビルの奇妙な一室。乙海姫子と名乗る女に出迎えられた宇良は、彼女こそ自分の亀を攫った犯人だと確信し、亀を取り戻すべく姫子と対決する。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    宇良
    乙海姫子
    雑居ビル
    木江恭
    浦島太郎
    酷暑
    一室
    うら
    犯人
    老人
    彼女
    姿
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち