『キオ』(『ピノキオ』) / 大前粟生 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

内気な男の子が公園の砂場で知らないおじいさんに出会う。元人形職人のおじいさんはひとりぼっちの男の子を励まそうとして接するが、母親がそれを拒む。別の日に、おじいさんは男の子に人形の作り方を教えようとするが、今度は父親にきつく断られ、おじいさんは公園を出ていく。ある日、男の子が死ぬ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    おじいさん
    男の子
    大前粟生
    ひとりぼっち
    ピノキオ
    砂場
    元人形職人
    公園
    作り方
    父親
    母親

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち