『綱』(『蜘蛛の糸』芥川龍之介) / 大前粟生 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

優秀な精子を選び出すために集められた男たち。選別の第一段階として筆記試験を終えた男たちは次のテストのためにだだっ広い会場に案内される。すると、果ての見えないほど高い天井からたくさんの綱が降りてきた。これを登れということだろうか。綱を登る男がいて、落ちる男がいる。登らない男がいる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    芥川龍之介
    大前粟生
    だだっ広い会場
    筆記試験
    精子
    選別
    男たち
    果て
    高い天井
    テスト
    第一段階
    たくさん

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち