『パーティ』(『灰かぶり姫』) / 大前粟生

BOOK SHORTS(ブックショート)

わたしたちはパーティにいって、義務としての社交を果たしたあと、生徒会長の寝室に続く長い列に並ぶ。一方、家で待つ埃とフケと灰と羽にまみれたあの子はパーティにこれない。パーティにいけますように、とあの子は木に向かってお願いをしていたけど、パーティにこれるわけがない、絶対に、絶対にだ!

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
気になったら是非読んでみてください。

クルミちゃん

ハマっちゃうと寝られないから。ご注意!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち