『ユキの異常な体質/または僕はどれほどお金がほしいか』(『雪女』) / 大前粟生 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

記録的な吹雪の日、突然ひとりの女が部屋に現れた。女がふぅっと息を吹きかけると、ねむっていたパパの顔がみるみるうちに青ざめていって、死んだ。女は次の冬にも部屋にやってきてパパを殺した。そして僕はお金目当てで女と暮らしはじめて、ある朝起きるとバケツのなかに水がたまっていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    大前粟生
    雪女
    バケツ
    お金目当て
    パパ
    ユキ
    吹雪
    体質
    ひとり
    部屋
    なか
    うち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち