『境界枠』(リルケ『窓』) / 和織 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

テーブルを片づけながら、外を見るフリをして、五角形の窓の中にいる、小さな蘭子さんを盗み見た。空は曇っている。ここにいるときは、天気は悪い方がいい。外が暗い方が、店内にいる彼女が、そこに濃く映るから。これは、誰にも言ったことのない事実だ。僕の中にしかない事実。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    蘭子
    リルケ
    事実
    境界枠
    テーブル
    和織
    フリ
    店内
    暗い方
    彼女
    天気
    悪い方
    五角形

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち