『狸釜』(『ぶんぶく茶釜』) / 化野生姜 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

「ほら、出てきましたよ…。」そう言うと、住職は嬉しそうに障子の隙間を指差した。どろりと濁った目。開いた口からだらしなく垂れさがった舌。のたうち回るといったほうが適切なほどの、あの奇妙な動き。私は、あの茶釜から出た狸に何か不穏なものを感じずにはいられなかった……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ぶんぶく茶釜
    化野生姜
    障子
    住職
    狸釜
    隙間
    動き

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち