『エレベーター』(『銀河鉄道の夜』) / 木江恭 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

配達員の音川は大きな荷物を携えて、高級マンションのエレベーターに乗り込む。途中で乗り合わせる奇妙な面々に戸惑いつつ上層階へ向かっていると、最後に乗ってきたのは高校時代の友人のテツだった。二人を乗せて、エレベーターはさらに上昇する。上へ上へ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エレベーター
    木江恭
    音川
    上層階
    高級マンション
    銀河鉄道
    テツ
    面々
    配達員
    高校時代
    荷物
    友人
    二人
    途中
    最後

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち