『尾を持つ娘』(『赤い蝋燭と人魚』) / 化野生姜 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

土間の戸を開けたとき、つんとした磯の臭いが鼻についた。男は娘が来るのを待っていた。魚の尾を持つ娘がいる話を耳にし、檻を持ってろうそく屋を尋ねてきたのだ。しかし、障子戸から聞こえる老夫婦のささやきは男の抱く考えとは裏腹に、恐ろしい事実を浮き彫りにしていくのであった……

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    化野生姜
    浮き彫り
    ささやき
    老夫婦
    赤い蝋燭
    障子戸
    ろうそく屋
    恐ろしい事実
    人魚
    土間
    臭い
    考え

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち