『逆流ヲ進メ』(『高瀬舟』) / 木江恭 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

僕と彼女は体だけの割り切った関係を一年ほど続けていた。彼女はベッドでいつも文庫本を読んでいた。しかし、ある日彼女から掛かってきた電話が僕らの均衡を崩す。「迎えに来て」――呼び出された田舎町に僕が向かうと、彼女は喪服を着て現れた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    高瀬舟
    木江恭
    彼女
    逆流ヲ進メ
    田舎町
    喪服
    均衡
    ベッド
    僕ら
    文庫本
    関係
    電話
    一年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち