『ツバメとおやゆび姫』(『おやゆび姫』) / 五十嵐涼 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

僕の唯一の楽しみは、学校の後洋介さんというお兄さんにギターを教わる事だった。ある日洋介さんの元に向かう途中、自転車に轢かれてしまう。倒れていた僕を助けてくれたのは、クラスの和泉だ。小柄で可愛い彼女は不遇な家庭環境に置かれていた。事故をキッカケに彼女と友達になるのだが……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    洋介
    おやゆび姫
    五十嵐涼
    キッカケ
    ツバメ
    お兄さん
    和泉
    小柄
    ギター
    家庭環境
    可愛い彼女
    自転車
    クラス
    唯一
    事故
    途中
    学校
    友達

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち