『私だけのエナメル』(『赤い靴』) / 柿沼雅美 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

大学生の由実は、就職について考えながら自分は一体何をしてきて何をしていきたいのだろうと考えていた。高校時代のように好きなことをしていいのかと思いながらも躊躇する。家に帰ると、今夜も母親が人形をベッドに寝かせ、撫でながら「由実」と呼んでいた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    由実
    柿沼雅美
    エナメル
    大学生
    ベッド
    赤い靴
    人形
    高校時代
    就職
    母親
    一体何
    今夜
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち