『怪鳥ヲ射ル事』(『太平記/広有射怪鳥事』) / 化野生姜 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

インターハイを決めた「私」は夏休みも弓道の練習に明け暮れていた。そして今日も長い射場の廊下を進み、矢を射る。そんな中、朱色と黄色の混じった妙な羽と五本もの鋭く尖ったかぎ爪を持つ奇妙な鳥が、「私」と的とのあいだに入るように舞い降りてきてこう言ったのだ、『いつまで』と…

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    インターハイ
    広有射怪鳥事
    太平記
    化野生姜
    怪鳥ヲ射ル事
    長い射場
    かぎ爪
    朱色
    弓道
    あいだ
    廊下
    夏休み
    練習
    五本

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち