『Obligat』(『安珍・清姫伝説』) / 木江恭 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

認知症の夫の介護を娘に任せ、清子はオルガンコンサートの行われる珍しい寺を訪れる。パイプオルガンの音色は、清子が心の底に閉じ込めていた淡い恋を蘇らせた。帰ってくるという約束を果たしてくれなかった、今はもう顔さえも思い出すことのできない彼の記憶を。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    清子
    Obligat
    木江恭
    パイプオルガン
    安珍
    オルガンコンサート
    清姫伝説
    心の底
    珍しい寺
    認知症
    淡い恋
    音色
    介護
    約束
    記憶

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち