『vanishing twin』(夏目漱石『変な音』) / 朝蔭あゆ (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

ぼくの傍らには、絶えず聞こえる小さな音があった。しかしぼくと全てを共有していたその音は、ある日ふつりと消えてしまう。ぼくはその正体も知らないままにそれを失い、たったひとりで世界に一歩を踏み出した。その時ぼくははじめて、失ったものの運命に気付いたのだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    vanishing twin
    朝蔭あゆ
    ぼく
    夏目漱石
    傍ら
    ふつり
    正体
    運命
    ひとり
    全て
    世界
    一歩

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち