『夢みるピアノ』(『ピアノ』) / 草間小鳥子 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

時を超えて届いた旋律に呼ばれ、わたしは鍵盤に指をおろす。音楽会の花形であるピアノ奏者に選ばれたことで、同級生らと気まずくなってしまった主人公。放課後、ピアノの音色に誘われ屋敷の門をくぐると、見知らぬ少女、さくらと出会う。 満ち足りた時間、軽やかな演奏。これは現実? それとも……

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    草間小鳥子
    ピアノ
    音楽会
    ピアノ奏者
    花形
    放課後
    旋律
    鍵盤
    屋敷
    音色
    さくら
    同級生ら
    主人公
    少女
    演奏
    わたし
    現実
    時間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち