『双子の山羊』(北欧神話『タングスニとタングスニョースト』) / 宮城忠司 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

亮三は小学三年の時に子山羊の世話係になった。成長した雌山羊は双子のオス山羊を産む。父に殺すよう命じられた亮三はしかし、子山羊を山に捨て、隠れて乳を飲ませた。10年後、交通事故で視力を失った亮三は、山で重なりあった動物の骨が見つかったという話を聞き、あの山羊に違いないと確信する。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    タングスニョースト
    亮三
    子山羊
    宮城忠司
    双子
    世話係
    オス山羊
    雌山羊
    北欧神話
    交通事故
    視力
    小学三年
    動物
    10年後

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち