『シャーロットの日記』(『浦島太郎』) / 朝蔭あゆ (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

おばあさまの訃報を受けて、私はママと田舎の家に行く。そして、“シャーロット”という文字の入った黒い日記帳を見つけた。ついに一度も会うことのなかったおばあさまと私は、同じ名前だったのだ。ページをめくると、小さな少女が私の前に現れる。時を越えた友情は、夢から覚めても永遠だった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シャーロット
    おばあさま
    朝蔭あゆ
    黒い日記帳
    浦島太郎
    訃報
    友情
    田舎
    少女
    ページ
    文字
    ママ
    一度
    名前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち