『長靴に入った猫』(『長靴をはいた猫』) / 卯月イツカ

BOOK SHORTS(ブックショート)

父が危篤という連絡をもらい、病院に駆け付ける。父はその日のうちにあっけなくいってしまった。あまりのことに泣くことも出来なかった。葬儀を終え、実家で遺品の整理していると、ベランダのから猫の鳴き声が。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち