『窓辺の夫婦』(『錦絵から出てきた女の人』) / 草間小鳥子 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

都会で一人暮らしをはじめたぼくの部屋の窓に、夜になるとうつる女の影。姿は見えないのに、毎晩、毎晩、影だけが現れる。恋人には不気味がられ、いまいましく思っていたものの、影だけの彼女にぼくはすこしずつ心惹かれてゆく。そんなある日の夜ふけ過ぎ、誰かが部屋のドアを叩いた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    誰か
    草間小鳥子
    毎晩
    夜ふけ過ぎ
    錦絵
    ぼく
    一人暮らし
    窓辺
    都会
    恋人
    ドア
    夫婦
    部屋
    彼女
    姿

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち