『檸檬を持って大海原へ(『檸檬』梶井基次郎) / 薮竹小径 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

ゴールデンウィーク直前。大学の講義。教授の声はかすかにしか聞こえない。パチンコ玉を耳栓代わりに『檸檬』を読む友人。ふと目についた黒い大きな鞄。友人は確信に満ちた声で断言する。「爆弾に違いない。」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    檸檬
    梶井基次郎
    大海原
    薮竹小径
    ゴールデンウィーク直前
    耳栓代わり
    ふと目
    パチンコ玉
    黒い大きな鞄
    友人
    爆弾
    講義
    確信
    教授
    大学

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち