『林檎人間』(『我輩は猫である』) / 白石幸人 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

会社に勤めて八年。課長へと昇進した私についた、初めての部下は何と「林檎人間」だった。名前もない、言葉も喋れない、けれども営業はピカイチ。そんな彼は、真っ赤なボディにふにふにとした手を添えて、今日も意気揚々と出勤してくるのだった…

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    林檎人間
    白石幸人
    ふにふに
    ピカイチ
    我輩
    課長
    部下
    ボディ
    営業
    言葉
    名前
    八年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち