『ピンクの100円ライター』(『マッチ売りの少女』) / 山名美穂 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

大晦日。仕事帰りに同級生のコバヤシと再会した『クリタ』。社会人になった彼と公園で話をすることに。喫煙者の彼が使うのは、学生時代と同じピンク色の100円ライター。ライターがタバコに火をつけるたび、彼のブランド品や懐かしい思い出が浮かびあがる。でも最後にその灯りがふたりに見せたものは…。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クリタ
    コバヤシ
    山名美穂
    100円ライター
    喫煙者
    マッチ売り
    懐かしい思い出
    タバコ
    灯り
    社会人
    大晦日
    同級生
    ふたり
    ブランド品
    学生時代
    ピンク色
    少女
    たび
    仕事帰り

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち