『瑠璃色の記憶』(北原白秋『あめふり』) / 本多ミル (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

雨宮敬子は、認知症が出てきた母親の介護のために実家に居る。そして、小さいころの大好きだった母と映画に行ったときの夢をよく見る。瑠璃色あじさいのじゃのめ傘、くるくると回して歩いた雨の歩道……歌った歌、その記憶と占い師の言葉。敬子の気持ちは複雑に揺れていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    雨宮敬子
    あめふり
    瑠璃色あじさい
    北原白秋
    じゃのめ傘
    本多ミル
    占い師
    記憶
    認知症
    小さいころ
    歩道
    介護
    母親
    実家
    気持ち
    映画
    言葉

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち