『流星のサドル』(『蒲団』田山花袋) / 宮澤えふ (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

蒲団を干そうとした細君を、私は怒鳴りながら突き飛ばし、それを両手で抱えこんだ。何ということをするのだ。芳子の残り香が消えてしまったらどうする。怒りに震え細君を睨む。細君は「ああ、やっぱり」という軽蔑の目だった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    細君
    蒲団
    田山花袋
    残り香
    芳子
    サドル
    軽蔑
    宮澤えふ
    流星
    両手
    怒り

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち