『わらしの思い出』(『座敷童子』) / 岡田千明 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

都心を離れ、田舎暮らしをはじめようとする夫婦。訪れたのはかつて夫の祖父母が暮らした土地だった。不動産屋に案内された家からは、どこかぬくもりを感じる。彼はその夜、久しぶりに母に電話した。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    座敷童子
    岡田千明
    ぬくもり
    祖父母
    田舎暮らし
    都心
    不動産屋
    土地
    思い出
    夫婦
    わらし

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち