『桜桃の色の朝陽』(『桜桃』太宰治) / 柿沼雅美 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

妊娠してから急に、なぜか桜桃が食べたくてしかたがなかった。うるうるつるつるとした見た目と歯を立てたときに表面がパツンと破れる感触、甘ったるかったり酸っぱかったりが混じりあっている匂いがたまらなかった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    桜桃
    パツンと破れる感触
    柿沼雅美
    太宰治
    朝陽
    見た目
    表面
    匂い

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち