『エンドウ豆の上に寝たお姫様』(『エンドウ豆の上に寝たお姫様』) / 長月竜胆 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

理想の高い王子は長い間“真のお姫様”と呼べる存在を探し求めていた。そんな王子のもとに王女を名乗る三姉妹が現れる。嵐の間、王子の城に泊まることになった三姉妹。王子は三姉妹が使用するベッドにエンドウ豆を一粒ずつ仕込み、“真のお姫様”であるかどうかを見極めようとする。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エンドウ豆
    お姫様
    三姉妹
    長月竜胆
    王子
    王女
    一粒
    高い王子
    ベッド
    理想
    もと
    長い間
    存在

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち