『メロスの友』(『走れメロス』) / 米山晃史 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

セリヌンティウスの中でメロスへの疑念が湧き出てきた。最初のうちは必ず戻ると信じていたが、少しずつ、少しずつ、処刑の時が近づくにつれて、もしかしたら戻らないかもしれないという思いが次第に膨らんでいく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    セリヌンティウス
    走れメロス
    米山晃史
    疑念
    処刑
    最初
    うち
    思い

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち