『第十一夜』(『夢十夜』夏目漱石) / たぼく

BOOK SHORTS(ブックショート)

十夜連続で奇妙な夢を見た吾輩は毎夜続く不気味な夢に辟易していた。安息を求めながら今日も眠りに堕ちていくと、またしても奇妙な夢を見た。そこではパン屋を営んでおり、イギリス仕込みのパン作りの腕と瀟洒な佇まいの店での生活を気に入ったが、ある日男が現れ無駄な時間を売ってくれという。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    夢十夜
    夏目漱石
    十夜連続
    イギリス仕込み
    安息
    佇まい
    毎夜
    吾輩
    パン屋
    眠り
    ぼく
    パン作り
    生活
    時間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

このページは、小説について紹介しています。
小説に関するいろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

面白そうな小説だね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち