『童子と傘』(『小人と靴屋』) / 花乃静月 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

勘吉とお松の夫婦は傘屋を営んでいるが、売れ行きは悪く貧しく暮らしていた。ついに一本分の材料だけを残し迎えたある朝、美しい傘が出来上がっているのを目にする。その傘が売れたおかげで新しい材料を買えることになったのだが、傘を作る正体が気になる二人は、その晩作業場を覗きに行く。すると――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    花乃静月
    傘屋
    お松
    売れ行き
    勘吉
    作業場
    童子
    靴屋
    小人
    美しい傘
    覗き
    正体
    新しい材料
    おかげ
    夫婦
    二人
    一本分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち