『手長足長の子細を語りたること』(『妖怪・手長足長の伝承』その他) / 木江恭 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

「おれ」は、妖怪テナガアシナガについて語り始める。異様に脚の長い巨人アシナガは、望んだ分だけ伸びる手を持つテナガを背中に負っている。何故彼らの手脚は異様に長いのか。何故彼らは常に行動を共にするのか。その答えを示すのは、一組の男女が織り成す恋物語。
(『妖怪・手長足長の伝承』『童謡かごめかごめ』『賢者の贈り物(O.ヘンリー)』)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    手長
    童謡かごめかごめ
    妖怪テナガアシナガ
    伝承
    木江恭
    子細
    長い巨人アシナガ
    恋物語
    手脚
    ヘンリー
    彼ら
    賢者
    贈り物
    おれ
    男女
    その他
    背中
    答え
    行動

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち