『雲の猫』(『蜘蛛の糸』) / 猫野湾介

BOOK SHORTS(ブックショート)

モノを捨ててシンプルになり、本当の自分になろうと「釈かの子の喜捨セミナー」に参加したカンダタダコ。さまざまなものを手放し、勝ち残っていく。最後の二人になったとき、教室が天に浮かぶ一枚の板に変わる。脱落者がいる下界に滑り落ちず、釈かの子がいる天上にたどり着こうするタダコだったが。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カンダタダコ
    釈かの子
    喜捨セミナー
    脱落者
    猫野湾介
    天上
    下界
    一枚
    教室
    二人
    最後
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち