『晦日恋草』(『好色五人女』巻四 恋草からげし八百屋物語) / 霜月透子 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

年末押し迫った二十八日、専業主婦の「私」八尾七(やおなな)は電話で呼び出される。息子がコンビニで万引きをしたのだった。対応したのは三十歳の若い店長小野朗(おのあきら)。どこか思わせぶりな言動。四十六歳の七は忘れていたときめきを思い出す。再び会うために七はわざと腕時計を「落として」いく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    おのあきら
    晦日恋草
    霜月透子
    若い店長小野朗
    万引き
    ときめき
    八百屋物語
    おな
    専業主婦
    好色五人女
    腕時計
    コンビニ
    言動
    八尾七
    年末
    息子
    電話
    巻四
    二十八日
    四十六歳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち