『青乃先生』(『土神と狐』) / 朝蔭あゆ (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

時子は、美しい女医である青乃先生に憧れている。しかし女学校の同級生である春子は体が弱く、いつも青乃先生に診て頂いていた。それを知った時子は穏やかならざる気持ちに苛まれ、心の奥で春子を呪うようになる。そしてある夏の日、春子が不帰の人となり、時子は己が罪を負ったことを悟ったのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    春子
    時子
    青乃先生
    朝蔭あゆ
    女学校
    人となり
    不帰
    土神
    美しい女医
    ざる気持ち
    同級生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち