俺に染み付いた社畜精神が、異世界に転生しても取れてくれない (外部サイトで読む

くさのすけ

 ブラック企業に勤めていた伊藤はある日、激務による過労で27年の生涯を終える。そんな伊藤がチート能力を得て17歳の青年として異世界転生。今度は自由な人生を送ろうと意気込むも「実労働8時間? 休日有り? ……そんなホワイト企業で働いていたら駄目な人間になってしまう! もっとブラックな条件で働かせてくれ!」と染み付いた社畜精神を発揮し、自ら過酷な労働環境を求めていく。
 与えられたチート能力と自前チートの社畜的労働力と思考を持つ伊藤が、色々な意味で『なんだこいつやべぇ……』と周りから思われたり思われなかったりするお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    チート能力
    社畜精神
    伊藤
    異世界転生
    自前チート
    社畜的労働力
    過労
    激務
    ホワイト企業
    ブラック企業
    労働環境
    こいつ
    生涯
    青年
    実労働8時間
    思考
    条件
    休日
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち