夜叉の檻

つきしろほとり

 
――然らば、此処まで。――


中央都市防衛組織「夜叉」。政府直属のその組織は、あらゆる術で人を守る。
あの日花と散った筈の其処には、未だ様々な過去を持つ若い鬼が居た。
人は何を恐れるか、人はどうして驕るのか。人は夜叉成り得るのか、夜叉は人を守れるのか。
誰が何を得て、誰を守り、誰を呪い、誰が何を捨てるのか。



夜叉……(やしゃ、訳:暴悪・捷疾鬼・威徳)は、古代インド神話に登場する鬼神。
薬叉(やくしゃ)とも称する。のちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となった。
(ウィキペディアより抜粋。)
 

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    夜叉
    護法善神
    やしゃ
    ウィキペディア
    一尊
    威徳
    日花
    古代インド神話
    中央都市防衛組織
    政府直属
    鬼神
    やくしゃ
    其処
    未だ様々
    仏教
    此処
    抜粋
    のち
    若い鬼

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

***

冒頭
更新日:2016年10月13日

一章

日常
更新日:2016年10月13日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • 遊紀祐一
  • 素直におもしろいと感じました!
  • 2016年11月13日 01:38

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち