隻眼の女将軍に気に入られ、白狼騎士団に入団したけど、そこはハーレムだった!? (外部サイトで読む

飯塚ヒロアキ

――――――風を操る女将軍オルタシアは残虐非道を尽くした。彼女の名を聞いただけで、自国の民すらも震え上がるほど。常勝のオルタシアはある日、その報いを受けるときがきた。戦好きな彼女の存在自体を恐れていた身内によって、罠に嵌められたのだ、そのとき、右目を失ってしまう。命かながら、逃げ込んだ場所は森にあった小さな小屋だった。そこに住んでいた木こりの少年シンゲンと出会い、彼女は誓う――――――彼と共に復讐と国取りの嵐を起こすと――――――

 主人公シンゲンは憧れだった騎士になりたくて、彼女に協力するも関わっていくにつれ、白狼騎士団の副官のほとんどが、女だったという事実を知る。ここである結論に達する。

「おい、先代団長! なにカッコイイこと言って、結局、お前、ハーレム作ってんじゃねーかよっ!」

 真面目なストーリーのようなそうでもないようなそんな物語が今、始まる!!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    白狼騎士団
    ハーレム
    国取り
    主人公シンゲン
    女将軍オルタシア
    少年シンゲン
    木こり
    彼女
    隻眼
    先代団長
    副官
    常勝
    報い
    右目
    ストーリー
    復讐
    自国
    身内
    小屋
    存在自体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/01/12 09:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は613aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
テンポが良い作品ですね。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
全体的に見るとひらがな表記を使用する頻度を調整すると違った見え方になるかもしれません。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
壮大なストーリーで読み応えたっぷりでした。

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      11文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      13文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      12文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      19.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      44.00

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      18.00

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      ちょうどいいね

    • 空行率

      47.00

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      71

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      28.00

      標準的だね