平凡魔族が英雄になるまで~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~ (外部サイトで読む

あまうい白一

 ――小さな部屋で良いのに、出来てしまったのは広大で強力なダンジョンだった。
 平凡な魔族の子であるクロノは、魔王城の学園でダンジョンを作成する。
 十八歳になったら魔王城でダンジョンを作り上げ、そこに住みつつ勉学に励み、一人立ちするのが魔族の風習だった。
 クロノとしては、四部屋くらいある一軒家みたいなダンジョンができればいい、と思って作成したのだが――完成したのは数百層に渡る巨大な代物だった。それはもう、伝説の魔王が作ったダンジョンを超えるとんでもないものだった。
「俺は小さな部屋を持てればいいだけなのに……!」
 平凡で気楽な生活を求めていたクロノは、あっという間に注目の的になり、魔族の中で有名になっていく――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ダンジョン
    クロノ
    B級魔族
    魔王城
    チートダンジョン
    平凡魔族
    一軒家
    勉学
    四部屋
    風習
    代物
    あっという間
    とんでもないもの
    英雄
    広大
    学園
    伝説
    注目
    数百層
    生活

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち