俺の辞書に青春と恋愛は載ってない

緒家 宅

成績優秀、スポーツ万能な少年。新見一斗
しかし彼は超のつくビンボーであった
ビンボーゆえに遊びに行けず、ビンボーゆえに恋の巡り会いも皆無
そして多彩な才能は妬みを生み、彼のボッチは加速する
そんな中学生活を送った彼は妬み回避のために高校生活では自分の才能を隠すことにしたのだが、高校に入ってそうそう彼を悩ませる更なる二つの壁が!
バイト禁止に強制部活参加!お金がないのにお金が必要!?
この追い詰められた状況から脱出するため一斗は生徒会に入ることを決意する
しかし彼を生徒会で待っていたのは表向きは学園の美少女アイドル軍団、現実は天然お嬢様や武闘派女、毒舌ロリッ子に氷の女王!?といった女生徒達
才能を隠せば高校生活は安泰と思ったのも束の間、
生徒会メンバーの皆に振り回されながらも何としても才能を隠そうとする彼に次々と無理難題が降りかかる
「もう隠しきれねえよおおおおおおおおおおお」
彼の叫びの行く末はどこなのか?!
ビンボー+ボッチの少年がおくるドタバタラブコメディここに開幕です

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

11月28日に最新話(第5章−[5]:JKの恐ろしさ此処に至れり)を投稿しています