魔王軍最強の魔術師は人間だった (外部サイトで読む

羽田遼亮

『魔王軍最強の魔術師』と呼ばれ、単身で砦を攻略できる魔族、その名はアイク。

絶大な魔術で敵をなぎ払う様は、まさしく『化け物』そのもので、敵味方から畏怖される存在だった。

しかし、そんな彼には、他の魔族にはいえない秘密があった。

「――俺、実は人間なんだよね」

その秘密がばれないよう『現代知識』を活用して頑張っていたら、『名将』扱いされるようになってしまった彼は、今日も魔王軍快進撃の原動力となる。

※モンスター文庫様より書籍版発売中です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔術師
    魔族
    魔王軍最強
    アイク
    魔王軍快進撃
    敵味方
    化け物
    名将
    原動力
    モンスター文庫様
    単身
    現代知識
    人間
    書籍版発売中

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

モンスター文庫様より書籍版が発売中です。
書籍版もよろしくお願いいたします。