あの峠で、あの人を

エクセス

※この小説はフィクションであり、登場する名前は全て架空のものです。 また、作中に登場する行為の中には下手をすると命に関わる危険のあるものも存在するので、絶対に真似しないでください。

2032年の日本。
電気自動車や自動運転の普及が進み、LEDボードの看板では安全運転の4文字が強調され、道路の整備が着々と進んでいく中、数十人の「走り屋」達が30から40年程前のガソリン車を維持していた。

彼らは「燃料馬鹿」などと世間から揶揄されようと、自分達の思念を曲げなかった。

その者達への仲間入りを果たそうと、ある男が動き出した。

その名は「阪本」。
安価で30年前のガソリン車を手に入れた彼は、最も近所だった「雲風峠」を攻めようと動き出した。

かつて伝説とされた男が攻めていた峠と同じだった事を知らずに。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ガソリン車
    フィクション
    走り屋
    数十人
    阪本
    思念
    仲間入り
    作中
    電気自動車
    LEDボード
    全て架空
    自動運転
    安全運転
    燃料
    普及
    雲風峠
    伝説
    世間
    整備
    下手

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

新たな走り屋、現る

プロローグ
更新日:2017年08月02日
第1話
更新日:2017年08月02日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • 遊紀祐一
  • 車好きではないのですが、専門用語が少なくとても読みやすくてよかったです。
  • 2017年07月13日 16:36

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち