竜の宝玉とはじまりの森 (外部サイトで読む

『黒竜を倒し、国を救え――』

 少女は意思を貫く為に王都を飛び出し、少年は憧れだけを何もない手に掴んで、雪深い北の辺境を旅立った。互いに目的も違うまま、二つの軌跡が重なる――。旅の先に彼等が見い出すものは。(原案/O)
※「王の剣士」シリーズ前日譚です


【story】
王都から遠く離れた雪深い北の地、黒森ヴィジャ。14歳になる少年レオアリスは、育ての親達のもとで法術を学びながら、まだ自分の本当の姿を知らなかった。
ただあるのは、王都――そこに座す王への、理由も知らない、漠然とした憧れ。
ある日レオアリスは、訪ねて来た男から、王の御前試合が開かれる事を聞く。憧れを抑え切れず、レオアリスは育った村を出て王都を目指す。

一方、王都に暮らすアスタロト公爵家の公女アナスタシアは、先代公爵の急逝により、14歳という若さで公爵家の継承を控えていた。アスタロト公爵家は炎の力を有し、それ故「炎帝公」とも呼ばれ代々正規軍将軍を務めてきた。
春の夜会の日、アスタロト公爵家長老会は、一方的にアナスタシアの婚姻を決める。結婚などしたくないアナスタシアは従者を伴い、王都を飛び出した。

レオアリスは王の御前試合の出場資格を得るため、西のカトゥシュ森林へ向かう。出場資格、それは鋼の鱗と爪、そしてその吐く「息」で恐れられる、竜が持つ「竜の宝玉」だった。
だが多くの者が竜の宝玉を求めてカトゥシュ森林へ踏み込んだ事で、竜族の頂点に立つ強大な竜、黒竜を眠りから目覚めさせてしまう。
急報を受け、王都は正規軍を派遣する。黒竜を倒せる術を見出せないまま、それは甚大な被害を覚悟した上でもあった。
黒竜が目覚めた事を知ったアナスタシアは、自分の力で黒竜を倒すため、カトゥシュへ向かう。
そしてまた、まだ何も知らないレオアリスも、森へ入った。

カトゥシュ森林で、アナスタシアとレオアリスは出会う。
アナスタシアは突き付けられる自分の無力さに悩み、そしてレオアリスは、正規軍大将ウィンスターから、問われる。

「お前の身の内の剣は、使えるのか」

黒竜を倒し、国を救え、と――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カトゥシュ
    カトゥシュ森林
    アナスタシア
    王都
    黒竜
    レオアリス
    宝玉
    正規軍
    黒森ヴィジャ
    公女アナスタシア
    御前試合
    アスタロト公爵家長老会
    正規軍大将ウィンスター
    代々正規軍将軍
    出場資格
    憧れ
    急報
    先代公爵
    法術
    雪深い北

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち