おしまいの町に灯りが灯る (外部サイトで読む

川名真季

三戸里市に対して、行政訴訟を起こした原告団の関係者が塩素ガスによる中毒症で亡くなる。それをきっかけとして三戸里市には次々と不可解な事件が起こり、市民は不安な日々を過ごす。探偵朝霞台時哉とアルバイト助手の大河学は、混乱する三戸里市で正しい答えを見つけることができるだろうか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    三戸里市
    探偵朝霞台時哉
    行政訴訟
    アルバイト助手
    塩素ガス
    原告団
    大河学
    おしまい
    中毒症
    正しい答え
    灯り
    きっかけ
    関係者
    市民
    事件
    日々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち