ダタッツ剣風 〜悪の勇者と奴隷の姫騎士〜 (外部サイトで読む

オリーブドラブ

 かつて、人類の希望という存在でありながら、戦争の兵器として人類に牙を剥いた勇者がいた。帝国勇者と呼ばれたその男は、やがて戦火の渦中に姿を消した。
 それから六年。帝国の属国となった王国では、駐屯兵による横暴が繰り返されていた。彼らを食い止めるために奮闘する姫騎士ダイアンはある日、ダタッツと名乗る青年と出会う。だが、彼の実態はかつて最強と恐れられた「帝国勇者」だった!
 帝国の悪徳貴族を必殺の剣技で打ち倒し、褒美も求めず立ち去ろうとするダタッツ。その背を追うダイアンは、恋心と怒りを胸に、ダタッツを王国騎士へと取り立てた。
 彼への執着は果たして――恋なのか。憎しみなのか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ダタッツ
    ダタッツ剣風
    駐屯兵
    帝国勇者
    姫騎士ダイアン
    人類
    剣技
    悪徳貴族
    憎しみ
    褒美
    王国騎士
    戦火
    属国
    渦中
    恋心
    必殺
    執着
    奴隷
    兵器
    実態

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち