トイレでアレする花子さん

明智 雅治

とある男性教師が出会ったのは、黒髪ロングに真っ赤な着物を着た女の子でした。 
夜の学校トイレから飛び出してきたそいつは、時代がかった口調で叫びます。
「オヌシ、見えておるのじゃな!?」  
妖怪少女曰く、学校には自分の存在が不可欠。けれど、今の彼女では、満足に誰かを驚かすことなど出来ません。だから妖怪は言うのです。
「このワシに手を貸せ」と。  
そして『トイレの花子さん』を名乗る妖怪と、どこかズレた教師による、学校の怪談復興を目指した企みが始まりました。   

全五話。二万字未満の中編です。
なろうにも投稿しておりますが、内容は一緒です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    誰か
    アレする花子
    妖怪
    オヌシ
    トイレ
    妖怪少女曰く
    怪談復興
    中編
    企み
    そいつ
    驚かすこと
    ろう
    ワシ
    男性教師
    口調
    黒髪
    学校トイレ
    着物
    二万字未満
    女の子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち