Festival.

イベント企画会社のビルの屋上で、笹塚はさぼり煙草をふかしていると、ふいに屋上のドアが開けられ、人事部の同期佐々木から、「臨時で人事面接を引き受けてほしい」と頼み込まれる。しぶしぶ、面接官を担当すると、そこには覇気のない女子高生が来て……。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

私が小説を書き始めたころに書いた作品です。少しだけ私が体験したことも入っています。皆さんの中のFestivalを見つけていただけたら嬉しいです。